2010年10月13日

いよいよ乳歯が寿命のようです。

私は30代ですが未だに乳歯が一本あります。

数年前に歯根に膿がたまった時に治療していただいた歯科医の先生にも言われていました。

「乳歯は あと10年もてばいい方だよ」・・・と。

あれから6〜7年たったでしょうか?

そろそろ乳歯の寿命が近づいているようです。

私は、歯根にたまった膿が原因で抜いた歯をインプラントにしました。
その一本手前が乳歯です。

(あくまでも素人考えですが、今考えてみると
この一連の全ては乳歯が原因だったのではないか?と思っています)

今年(2010年)の5月くらいから また右の顎に軽い痛みを感じ、
乳歯の根元(歯茎との境目)に白い膿が溜まっていました。

早速 先生に注射器のようなものに薬剤を入れたものを直接
歯と歯茎の間に差し込み 洗浄して頂きました。
(結構 痛かったですたらーっ(汗)

2回ほど治療に通い、今現在は数ヶ月ごとに経過観察の為に通っています。

根元の洗浄をしていただいたら、不思議と顎の痛みはなくなりました。
やっぱり 乳歯が原因だったようです。

今も、体調が悪いときなどは特に歯と歯茎の根元に膿が溜まりますが、痛みはありません。

ただ、先生の指導で毎日 歯を磨くときに歯と歯茎の隙間に歯間ブラシをグサッと差し込み
いわゆる歯周ポケットの中も洗浄するようにと言われたので、頑張ってやってます。

ビックリするほど、乳歯の根元だけ歯周ポケットが深いんです!!!

幸い、乳歯にぐらつきはないので、もう少しは もちそうですがカウントダウンに入りそうな予感です。

(P.S)
去年の年末にも右顎に激痛が!
原因は乳歯の歯根の神経が まだ生きていて悪さをしたためとのことでした。
薬剤で乳歯の神経を殺し、顎の激痛が治まりました。

これも やっぱり乳歯が原因です。



目Blog Rankingにご協力お願いしますハートたち(複数ハート)


posted by ドナ at 09:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。