2006年11月15日

いよいよ次のステップです。

前回の治療から、3週間ほど経ちました。

本当は先週に治療に行く予定だったのですが、急用で行けなくなってしまい、今日となったわけです。

さて、今回の治療内容は・・・。


まず、上の歯全体を型取り。

(良くある)歯と歯茎全体を多いかぶせる型の中にピンク色のドロっとした流動体(歯磨き粉みたいな感じ)を流し込み、それをカパッと歯の上からかぶせて、しばし待つ・・・。と言う感じです。

下の歯全体も歯の型を取りました。

下の歯の場合は、インプラントのネジの上に差し込んであるボルトを一回抜いて、(実際に見なかったので、どういう物かは良く分かりませんでしたが・・・)かなり、長い形状のボルトに差し替えてしました。
(かなり、長いので口が閉じられない!!!)


たぶん、型を取るときにインプラントの位置を分かりやすくする為ではないのかな?と思います。
(長い形状のボルトの周りを さらに別(先ほどのピンク色の流動体)で覆っていました。)

そして、今度は上の歯のときとは違うベージュ色の型(形状は一緒)で型を取ったのですが、この時に型の内側を歯を削るドリルで削って微調整!?していました。

たぶん(実際には見ることが出来ない状態でしたので予想)、長い形状のボルトをインプラントの部分に差し込んだので、型をとる場合に(ボルトが)はみ出るので、その穴を開けてたんじゃないかな?と。

あと、もう一つ考えられる理由としては、
実は私 今日、舌の裏とサイドに大きな口内炎が出来ていまして・・・。
なので、口内炎の部分に当たらないように調整してくれたのかも・・・。

そんなこんなで、調整した型に(たぶん上の歯のときと同じ)流動体を流し込み、下の歯の型を取ったわけであります。

型を取り終わった後は、長い形状のボルトを抜いて、通常のボルトに差し替えて終了です。


今回の治療内容は、こんな感じ。

次回は、約10日後です。

本日の治療費は、インプラントに関する金額は0円です。
(今回、口内炎用の塗り薬とパッチテープを処方して頂いたので、その分は810円でした。)



目Blog Rankingにご協力お願いしますハートたち(複数ハート)


posted by ドナ at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手術後の治療内容
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。