2007年01月26日

噛める幸せ

インプラントの本番の歯を仮留めしてから、だいぶ日にちが経ちました。

経過は至って順調るんるん

前回、インプラントの歯の奥側に食べ物が「物凄く詰まる」ということを
解消するために、していただいた処置(歯と歯の間に何かを詰めた)のお陰で、ある意味「少し物足りない」ほど、物が詰まらなくなりましたわーい(嬉しい顔)


処置をしてもらう以前は、歯間ブラシをすると、まるでソーセージを作っているんじゃないかexclamation&questionっていうくらいに、ムニュムニュっと食べかすの塊が棒状になって歯の間から出てきたのです。

初めのうちは「こりゃ困ったふらふら」と思っていましたが、だんだんと この食べかすの塊を歯間ブラシで押し出すのが快感黒ハートになってしまっていたのですたらーっ(汗)

今は、処置のお陰で ほとんどと言っていいほど食べ物が詰まらなくなりましたので手入れは楽になったのですが、ある意味 ちょっと寂しい・・・。

でも、これが本来のあるべき姿なのですからねぴかぴか(新しい)

なにはともあれ順調exclamation順調exclamation



インプラントにしてから、食べ物が左右どちら側でも気にしないで好きなように噛めるので、とても嬉しく感じますハートたち(複数ハート)


インプラントにする前は、取り外しが出来るタイプの入れ歯だったのですが、やっぱり入れ歯だと思いっきり噛めないんですよもうやだ〜(悲しい顔)

硬さのあるものを噛むと入れ歯のあたっている歯茎が押される感じがして少々違和感、時には軽い痛みが出ましたので、反対側の歯で噛んで食事していました。

それがインプラントにしてからは、そんなこと気にしないでガンガン噛めるんですexclamation

噛むのも 一方側だけで噛むと、そちら側だけが発達して顔の左右バランスが違ってくるという話もあります。



あと手入れに関してもです。

インプラントにする前までは、泊まりがけの旅行に行くときには、夜間に外した入れ歯を入れておくための収納ケースを持ち歩いたり、食後のたびに入れ歯を取り外して洗わなくてはならないし、ちょっと大変でした。
(・・・というか面倒くさいたらーっ(汗)

でも、今は、どこかに出かける時も収納ケースは勿論、持ち歩く必要はありません。
食事の度に歯を取り出して洗うこともありませんし。
(インプラントでも、食後は歯間ブラシで食べかすを取り除く作業は必要ですが、慣れればモノの数秒です。)


インプラントをして、良かったと思っています黒ハート




目Blog Rankingにご協力お願いしますハートたち(複数ハート)


posted by ドナ at 16:53 | Comment(0) | TrackBack(1) | 人工歯の装着後
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インプラントは第2の永久歯なのか
Excerpt: インプラントとは、人工歯根治療法の事です。 失ってしまった歯の、根っこの部分に 人工である歯根を埋め込んで、その上に人工の歯を 埋め込むという方法がインプラントと基本的に言われています。 インプラ..
Weblog: インプラント治療の真実
Tracked: 2007-01-26 21:20
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。