2006年06月23日

インプラント治療とは

「人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。
そのため今までは「入れ歯」などを用いるしか その部分を補う方法はありませんでした。

しかし「入れ歯」だと硬いものが うまく噛めない、発音がおかしい、
また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。
このように歯を失ってお悩みの方に新しい治療法「インプラント治療」をご紹介いたします。」

インプラント治療とは、
「失ってしまった自分の歯の替わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、
その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する治療法です。
固定性であるためガタついたりせず、自分の歯のように噛めるようになります。」

(参考:DENICSのパンフレットより)

posted by ドナ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インプラントとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。