2006年06月24日

インプラントにしようとした訳

私の場合、歯の根っこ(歯根)の部分に膿が溜まるという症状が生じ、
歯根の膿を除去していく治療をしばらく続けましたが、
膿が溜まるという症状が良くならないため、その歯を抜き、
歯茎(歯肉)内にある膿の袋(のう胞)を取るという手術を行いました。(2005年4月)

本来なら、歯が一本ないだけならば、その前後の歯を削って「ブリッジ」と言う形で入れ歯を作成し、なくなった部分の歯を補います。

が、私の場合は抜いた歯の一本手前の歯が乳歯であったため、ブリッジをするためには強度不足ということで、
(あと、私自身健康な歯をこれ以上 必要以上に削るのはイヤだと思ったので)
インプラントという手段を選びました。

歯肉内の のう胞をグリグリと抉り取る手術を受けたので、顎の骨が再生するまでの およそ半年間は いわゆる入れ歯(取り外しが出来るタイプ)をして過ごしました。
posted by ドナ at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 歯科医院を受診する前

2006年06月25日

受診にいたるまで

数日前に、自宅の新聞折込チラシで見つけた歯科医院。
私の住んでいる市にはインプラントを行っている歯科医院がありませんでした。
(ネットの検索でヒットしなかった。)

隣の市の歯科医院でしたし、「インプラントをしたいな」とは思っていても
やはり最初の一歩は勇気がいります。

チラシにホームページアドレスが載っていたので、早速下調べ。

ホームページには医院の案内やインプラントについての説明や方法、
価格設定などが書いてあり、好印象♪

それでも、今ひとつ 聞きたい内容があったので、質問欄からメールで質問してみました。

一日から二日ほどで回答メールが返信されてきました。
先生とのメール交換を2〜3回繰り返し、不安感が解消されたので
勇気を出して医院を訪問する予約を取りました。




posted by ドナ at 04:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 歯科医院を受診する前
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。